×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 log 2017
■2017/01/06 『乾いた空と幸福』
 ゆらゆら消えていく。ちらほらと降る先からいなくなる。そこに寓意はあるのか。差し出した手の平をするりとすり抜けて、地面に何の痕も残さずに行ってしまった。僕の知らないどこかに。目を上げればそこにはいつもの光景が広がっている。冬になりきった空と大地は灰色に押し黙って、時々耳元をかすめていく風が体温を奪う。今年もまた雪の無い年越しだ。乾いた空気の匂いを嗅ぐ度に、なぜだろう。僕はどうしようもない気持ちになる。

 賑やかな年末年始だった。幾らかの来客と、分不相応な高価なお酒と。惜しみなく開けられて行くワインや日本酒に僕は容易く酔った。ここ数年、僕の世界は何処にも広がっていかないばかりか、やもすると狭まっているようにも感じられるけど、窮屈な世界で足掻く内に出会った小さな喜びは、その優しさで何だか僕を涙ぐませる。静かな毎日の中でゆっくりと老いながら、ゆらゆらと掻き消えて行きながら、僕はこれ以上なにを望むだろう。何も欲しくない。意味も意義も、寓意も。

 正月明け。テレビをぼんやりと見ていた。イスラエルの歴史学者が世界は全てフィクションだと喝破した本が世界中でベストセラーなんだそうだ。幸福とはなにか、どこにあるのかを教唆してくれる凄い本なのだそうだ。きっと多くの人がそうであるように、有り余る今更感に頭がくらくらした。虚構の中で生まれ、虚構の死を迎える僕たちの様はきっと呆れるほど幸福で美しい。幸福で腹がはち切れてしまう前に僕は席を立とう。美しさに目が潰れてしまう前に僕は逃げよう。「私の終わり」を「私達の終わり」にせずにはいられない迷惑な人々から遠ざかろう。そして静かに、密やかに、当然のこととして終わろう。染みも残さず消えたあの雪のように。
■2017/04/12 『青。さくらさくら』
 春も盛りを迎えようとしている。寒々しい空の下に梅は散り行き、散り代わりのように膨らみ弾けた桜を見ながら、ふと、終えてしまって久しい青い春を思い出す。思い出そうとして、それができないことに気付く。広すぎる空と小さすぎる自我と。春はやってきたのに。幕の向こうに消えた青を、僕はぼんやりと考える。

 例えば僕はもう、友情を歌えないだろう。夢や道や、もしかしたら愛ですらも。胸に残る空の青さが掠れ消えてしまうことだけを恐れながら、花の季節に杯を捧げ持ち、僕は祈る。消えて行ってしまったもの達に。かつて、青い日々の渦中というかつてにおいて、僕が恐れていたことは全て現実となり、色は朧に、花は霞と果てた。歌からはありとあらゆる慨嘆が逃げ去って行った。残り滓を集めて何をすればいいだろう。何が出来るというのだろう。こんな気持ちもやがて平たく均されてしまうことが分かりきった日々に。胸に残る青さが灰色に燃え尽きるのはいつのことだろう。怒りも悲しみも、ただ春の夜の夢の如く。

 君に贈る言葉もいつしか尽きてしまった。ごめん。ごめんなさい。大切にしていた気持ちにも触れなくなってしまった。ごめん。ごめんなさい。許して欲しいとは言わない。ただ今は手から飛び去って行ったあの春と、溢れて染め上がるようなさくらさくらに眼差しを注いでいようと思う。また花が散るように。また花が咲くように。静かに、限りなく。
戻る